佐村河内守

佐村

※2014年1月、ゴーストライター問題が表面化いたしましたが、記事は削除いたしません。

=======
仏教に造詣の深い作曲家、佐村河内 守(さむらごうち まもる)さんをご紹介いたします。

TV・雑誌等の取材

演奏会情報

  • 日時:2010年8月14日(土)午後1:45開場・2時30分開演 
  • 場所:京都コンサートホール(地下鉄「北山駅」1番出口南へ徒歩3分)
  • 指揮:秋山和慶(あきやまかずよし)
  • 演奏:京都市交響楽団

佐村河内 守
↑↑↑コンサートの詳細情報はこちら

  • 料金
    ・S席:5,000円 A席:4,000円 B席:3,000円(売切)

・チケットのお求めは

   京都コンサートホール(075-711-3090)
   エラート音楽事務所 (075-751-0617)
   ローソンチケット  (0570-084-005)<Lコード:57482>
   電子チケットぴあ  (0570-02-9999)<Pコード:103-991>

・未就学児童の入場はご遠慮ください。

・託児サービスあり(満1歳以上)事前申し込み必要 エラート音楽事務所まで 料金:お子様一人につき2,000円

・招待席(三階400席 車椅子利用者15席)を設けます。対象者は小学生以上18歳未満の子どものみ・障害者<手帳所持者>と介助者。

希望の方は、往復はがきに氏名・学年・住所・電話番号を書いて

〒603-8324 京都市北区北野紅梅町85 佐村河内コンサート実行委員会 宛

に申し込んでください。

なお、介助者同行の方や車椅子利用者の方はその旨を明記してください。
また、子ども同伴で来場される一般のお客様はエラート音楽事務所(075-751-0617)に直接お問い合わせください。

(『交響曲第1番』作曲者)佐村河内 守(さむらごうち まもる)

 1963年、“被爆2世”として、広島に生まれる。4歳からピアノをはじめ、5歳で(マリンバのためのソナチネ<無の弾劾>)を作曲、音楽の知識や作曲法を独学で学ぶ。

99年に作曲したゲームソフト「鬼武者」の音楽(交響組曲『ライジング・サン』)が世界で高く評価され、一躍注目を集める。

作家・五木寛之は、自身が出演したドキュメンタリー番組『五木寛之 21世紀・仏教への旅』で音楽を担当した彼を「もし現代に天才と呼べる芸術家がいるとすれば、その一人はまちがいなく佐村河内守さんだろう」と言っている。

代表作にテレビ音楽『山河憧憬』、映画音楽『秋桜』、ゲーム音楽『バイオハザード』などがある。

 17歳で発症し、35歳で全聾(ろう)となり耳鳴り発作や抑うつ神経症、不安神経症などを病むなかで作曲を続け、次々と作品をうみ出している。未来に生きる子ども達に核兵器のない世界を残すことや、障害のある子ども達との交流を深めている。著書に『交響曲第1番』(講談社)。

(以上、http://www.fukushi-hiroba.com/samuragochi/index.html より抜粋)

作品(全聾以降)

(1)鬼武者<交響組曲ライジング・サン> 献呈=横山勝也

(2)中村鶴城・琵琶リサイタル委託作<詩曲 天の川 琵琶歌と十七弦作曲作曲(10分)

(3)二胡と管弦楽による<劇音楽のための主題曲と変奏曲>(17分)

(4)<子供のためのピアノ小品>(25分) 献呈=某障害児施設

(5)<交響曲第一番>(74分) 献呈=しおり

(6)ピアノ幻想曲<ジ・工ターナル>(27分)

(7)<ピアノ・ソナタ第一番>(36分) 献呈=持田正樹

(8)オルガン組曲<アシュリー>(14分)献呈=アシュリー・ヘギ

(9)和楽と管弦楽のための<死霊Ⅰ~IX>(全270分)

(10)<交響曲第二番>(110分)

(11)ピアノのための<死霊・第一章>(13分)

(12)<弦楽四重奏第一番>(32分)

(13)<吹奏楽のための小品>(7分)献呈=石閏修一と千葉県柏市立柏高等学校吹奏楽部

(14)NHK「五木寛之 21世紀・仏教への旅』献呈=五木寛之

(15)二管編成の晋楽<ヒロシマ>(22分)献呈=原爆被爆者

(16)<交響曲第三番>現在作曲中

過去の作品

  • NHK番組「山河憧憬」 チベットゴングと尺八のための幻想組曲Op.75
  • 映画「秋桜」サウンドトラック 「秋桜」組曲
  • ゲーム音楽サウンドトラック 「バイオザードシンフォニー」
  • ゲーム音楽サウンドトラック 「交響組曲」ライジング・サン

ライジング・サン

この曲は実現不可能と思われていた大編成オーケストラと日本の音楽文化の融合を図った壮大な楽曲です。
佐村河内の楽曲に共感された邦楽界の巨匠 (横山 勝也、沢井 一恵、林 英哲、中村 鶴城、鯉沼 廣行 他)52名と、新日本フィルハーモニー150名の、計202名が1999年4月16日東京国際フォーラムCホールに集い、演奏、録音が実現しました。

全ての人たちが正装で演奏された後の制作発表会での様子ですがその風景は圧巻でした。

書籍

交響曲第一番

交響曲第一番(Amazon)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional